病院紹介 of むらかみ犬猫病院  =愛媛県松山市の動物病院= 

foot.jpg 病院紹介

受付

受付

受付カウンターです。初めての方はここで問診票に必要事項を記入して頂きます。ご不明な点などありましたらお気軽にスタッフまでお問い合わせ下さい。
E(変換後).jpgE(変換後).jpg

待合室

待合室

一面ガラス張りなので明るく開放的な雰囲気です。庇のある外待合もありますので、他の犬が苦手なワンちゃん、ネコちゃんはお外で待つこともできます。
IMG_6363(変換後).jpgIMG_6363(変換後).jpg

診察室

診察室

昇降式の体重計なので大型犬でも楽に昇り降りができます。暗室にもなりますので、眼の検査や超音波検査はこの部屋でおこないます。
shinsatsu.jpgshinsatsu.jpg

検査処置室

検査処置室

レーザーフローサイトメトリー法による血液一般検査、血液生化学検査、血液凝固系検査、尿・糞便検査のほか、手術前の毛刈り・消毒や歯石除去等の処置をおこないます
IMG_6114 (1)(変換後).jpgIMG_6114 (1)(変換後).jpg

レントゲン室

レントゲン室

デジタルX線診断装置を備えていますので、従来よりも短時間で鮮明なレントゲン写真を撮影することが可能です
hp_x-ray.jpghp_x-ray.jpg

超音波画像診断装置(エコー)

超音波画像診断装置(エコー)

若齢動物の先天性心疾患、高齢動物の心臓病(弁膜症)や心筋症、腹腔内の異常(腫瘍性疾患等)を調べることが出来ます。妊娠の有無や胎子の心拍等を確認するのにも使います。
aplio300.JPGaplio300.JPG

動物用内視鏡

動物用内視鏡

いわゆる胃カメラです。
食道から胃、十二指腸内にかけての観察や組織生検、小さな異物の除去などに使用します。
naishikyo01.jpgnaishikyo01.jpg

手術室

手術室

血圧、心電図、動脈血中酸素飽和度、終末呼気炭酸ガス濃度等をモニタリングし、安全に手術を実施出来るよう努めています。超音波凝固切開装置を備えていますので、縫合糸を用いない血管シーリングも可能です
IMG_6150(変換後).jpgIMG_6150(変換後).jpg

ICU(集中治療室)

ICU(集中治療室)

ICU装置を導入しました。重症動物の術後管理のほか、心臓病、呼吸器疾患、消耗性疾患等で高濃度の酸素供給、温度、湿度調整が出来ます。
IMG_4086(変換後).jpgIMG_4086(変換後).jpg

犬舎および猫舎

犬舎および猫舎

犬と猫を完全に区分し、それぞれがリラックスして入院出来るよう調光式の照明にしています。大型犬用の入院施設も備えています
hp_Hospital.jpghp_Hospital.jpg

薬局

薬局

お薬を調剤、処方する部屋です
hp_Pharmacy.jpghp_Pharmacy.jpg

きなこ

きなこ

きなこ(三毛)といいます♀
カラスに襲われていたところを保護されました
IMG_6021(変換後).jpgIMG_6021(変換後).jpg

こむぎ

こむぎ

こむぎ(柴)です♀
看板犬になれるよう只今修行中です
IMG_6017(変換後).jpgIMG_6017(変換後).jpg

だいず

だいず

だいずです♂ へその緒が付いたままの状態で保護されました
すくすく成長し、今や貫禄十分です
IMG_8392(変換後).jpgIMG_8392(変換後).jpg

あんこ

あんこ

あんこです♀ 車のエンジンルームの中から保護されました
気付かずに運転してたら大変でした(汗)
IMG_8391(変換後).jpgIMG_8391(変換後).jpg

おはぎ

おはぎ

おはぎです♂ 事故で動けなくなっているところを保護されました
骨盤骨折と腹腔内出血から回復し元気に走り回ってます
IMG_8390(変換後).jpgIMG_8390(変換後).jpg